スポンサーリンク

耳鼻科では分からない(らしい)舌咽神経痛という喉の痛み

耳鼻科

母親が、春ごろからずっと喉の痛みに悩まされてまして、何か所も耳鼻科を受診したんです。

最初にかかった耳鼻科では多少の炎症が見られたらしく、抗生物質をもらい痛み止めももらって一時的には治ったものの、痛みはすぐに再発。
なかなか治らず、2軒目・・・3軒目・・・と耳鼻科をはしごし、それでも治らず、原因も分からず。いつも言われたのが「若干赤くはなっているものの、そんなに痛みの出るものではない」という事だけ。

そうは言っても、本人すごい痛がってて、挙句の果てには食事ができなくなるし(仕方ないからかかりつけのお医者さんで点滴打ってもらったほど)その時かかってた耳鼻科の先生に、何かしらの原因があるんじゃないかって訴えたら

「何がしたいの?」

って言われたそうです。
はあ?って感じですよ。痛みを無くしてほしいに決まってんじゃん!?ばっかじゃないの!?!?
母親も相当頭に来たらしく、もうその耳鼻科には二度と行きたくないって言ってたので、再び他の耳鼻科を探してましたよ。

そして運命となった5軒目の耳鼻科へ。そこで初めて
「舌咽神経痛というものがある。もしかしたらそれかもしれなから、一度神経内科で診てもらった方がいい」と言われたんです。
※舌咽神経痛は簡単にいうと脳神経の障害による痛みです。詳しくはググってみてください!

結果、舌咽神経痛でした。
それ用のお薬を投与してもらったら、わずか1回飲んだだけで嘘のように痛みが引いたらしいです。本人ビックリ、私もビックリ。一時的なもので、今までのようにまたすぐ痛み出すんじゃないの?と、その効果をすぐには信じられないほどでした。
でも、あれから一度も痛んでないそうです。

こうして母親は、半年以上も悩まされてきた喉の激痛から解放されたのでした。
そりゃあね~、全く内容の違う薬を今までずっと飲まされてたわけだもの、効くわきゃないって。
ただ、普通喉が痛くなったら耳鼻科へ行くじゃないですか。素人がすぐに神経内科なんて思いつかないって。というか、そういう科がある事自体、あまり知らないと思う。
だったら耳鼻科の先生に、この舌咽神経痛と言う病気がある事を知っててもらいたいですよ。今回の件は、耳鼻科の怠慢じゃないの!?って強く思う私なのでした。

もし、母親のように原因不明の喉の痛みで悩んでいる方がおられたら、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました